カウンセリング・メニュー

エビデンス・ベースド・カウンセリング(科学的証拠に基づくカウンセリング) エビデンス・ベースド・カウンセリング(科学的証拠に基づくカウンセリング)

科学的な証拠をもとに色々な角度から解決策を探るカウンセリングを行っています。
心を重くしている悩み事や不安の原因は、自分でそうだと思っている以上に複雑で絡み合っている場合がほとんど。その一つ一つを、相談者の方と一緒に読み解いていくわけですが、単に話を聞くだけでなく、心理検査や脳波などのツール、臨床心理学や認知心理学、神経心理学など心理学の理論、エビデンスが上がっている最新の研究からの知見を参考にしつつ、傾聴し分析する姿勢を基本としています。また話を聞く傾聴の姿勢は、語ることで自分に対する気づきを得るナラティブ・セラピーをベースとしています。さらに、必要に応じて瞑想やマインドフルネスでも用いられるバイオ・フィードバック法によって脳波や心拍数といったバイオ情報(生理的情報)から体の状態を知って自分の精神状態をコントロールするトレーニングやコミュニケーション力を改善するようなソーシャルスキル・トレーニングも行います。原因の分析は板書しつつ、相談者の方に目で見える形で提示し、相談者の方が自分自身の心の深層に気づきを得られるように内因分析を行っていきます。

  • 丁寧にお悩みや困りごとに耳を傾けて、そのもとになる原因を一緒に分析し、ともに歩むカウンセリングを心掛けています。
  • 自分自身について言葉に出して語ることは自分自身分析の第一歩。を心の整理や心の浄化につなげていきます(ナラティブ・カウンセリング)。
  • ただお話を聞くだけがカウンセリングではありません。分析には、心理学の理論や、心理検査の結果など科学的なエビデンス(証拠)をご説明しながら自分への理解を深めていただきます。
  • 脳科学の発展が著しい現在、脳の研究(神経心理学)の最新の知見も交えて分析を行います。
  • 悩み事や困りごとの原因は、実は自分も気づいていなかった深層に隠れているかもしれません。表面的な悩みごとの奥にある本質的な原因をボードにまとめながら目で見て確認して理解する(心因分析)カウンセリングを行います。
  • 心の状態は体の状態にも反映します。この体の状態を脳波や血圧、心拍数などの生理的情報としてご本人に知っていただく(バイオフィードバック法)ことで、体から心をコントロールするトレーニングも行います。
  • 用いる手法は特にこだわらず、認知行動療法や催眠療法などその人の状況に応じて、さまざまな手法を活用します。『特長』のページにある箇条書きと同様の扱いで大丈夫です。
Menu1 脳科学からアプローチ:神経心理学

脳の認知機能、注意機能、情動機能などに着目したカウンセリングを行っています。
神経心理カウンセリングとは脳の機能と人間の心や行動の関係を心理検査などを用いて科学的に理解し、神経心理学の知識を用いて日常生活に問題のある方等に行うカウンセリングです。必要に応じて、脳の機能を評価する神経心理検査や、パーソナリティ検査、知能検査などの心理検査の結果も活用していきます。

Read More

Menu2 心因分析=原因の本質を掘り下げる

自分自身のことは感情が入り込むのでなかなか客観的には分析できません。カウンセリングでは、それぞれの方が抱えている悩みやストレスを伺いつつ、その本質的な原因はどこにあるのかを、理論や研究の知見、心理検査の結果などを参照しつつ、相談者の方と原因分析を可視化してカウンセリングを行っていきます、場合によっては、心理検査によるパーソナリティ分析を交えて、科学的データに基づきながら判断をしていきます。こころの傷も外面の傷と同じで、浅いうちに直しておくことが重要。そのまま放置していると、大きく腫れだし、より重篤に進む可能性があります。

Read More

Menu3 心理検査の活用:心の深層を探る

人にはそれぞれの特性があり、それは個性でもあります。コギト・ラボでは心理検査によるパーソナリティ特性の分析や、神経心理検査による脳機能の分析をもとにして、クライエント様の自己分析を行っていきます。心理検査は大きく分けて意識部分のパーソナリティ検査(質問紙検査)、深層心理部分のパーソナリティ検査(投影法検査)、知能検査、神経心理検査(高次脳機能検査)があります。

Read More

Menu4 バイオフィードバック法:身体の状態を知って心をコントロールする

心と体の状態は密接につながっています。緊張状態では心拍数や血圧があがり、リラックス状態では下がります。バイオフィードバック法の「バイオ」とは、心拍数や血圧、脳波などの体の状態の情報(バイオ情報)のことです。バイオフィードバック法は、その体の情報を「フィードバック」することで、心拍数や血圧、脳波がどのように変化し、現在どういう状態なのか(例:緊張している)を知り、その状態の改善のための自己コントロールができるようにトレーニングしていく方法で、瞑想から生まれたマインドフルネスでも活用されています。

Read More

Menu5 ナラティブ・カウンセリング=語ることで気づきを得る

自分について語ることから自己探索と自己理解を深めて、自己概念を言語化するカウンセリングです。カウンセラーとの対話の中で「語る」ことを通じて、自分自身の輪郭があらわれ、徐々に自己を語るストーリーが浮かび上がります。そして悩みごとの本当の意味が自然と語られ、解決の糸口への自らの気づきを促します。

Read More

項 目 時 間 料 金 はじめての方
インテーク面接
※カウンセリングで行なう一番最初の面接のことです。
60分 8,000円 3,000円
カウンセリング 60分 12,000円

メンタルヘルスケアのために、まずは『インテーク(初回)面接』にお申込みください メンタルヘルスケアのために、まずは『インテーク(初回)面接』にお申込みください

カウンセリングを受けてみたいと思われた方は、まずインテーク(初回)面接にお申込みください。
相談者(クライアント)と行う最初の面接のことをカウンセリング用語で『インテーク面接』と言います。現状を確認し、問題をさぐり、これからのカウンセリングの方向性や計画を立てるための面接です。
『カウンセリングを受けるのを迷っている方』や『とりあえずは悩みや不安を聞いて欲しい方』など、本格的にカウンセリングを受ける前の第一歩としてもご活用ください。
次回以降のカウンセリングについては、インテーク面接時にご説明する“カウンセリングの方向性”や“スケジュール”にご同意いただいた方のみとなりますので、ご安心ください。

ご予約は下記まで

tel.075-555-3437
【受付時間】10:00~21:00(不定休)
メールでのご予約はこちらから

はじめての方 60分 3,000円